医療安全管理室

  1. HOME
  2. 診療科・各種部門
  3. 医療安全管理室

当院の安全管理室では。「医療の質の向上を図り安全な医療を行います」という病院基本方針に基づき、院内の医療安全管理を行っております。
高齢化社会の今日、医療の高度化・複雑化・効率化等さまざまな医療環境が変化する中でも、地域の皆様が安心して医療を受けられるように、安全と信頼の医療の提供ができることを目標に活動をしています。

医療安全管理室には

医療安全管理室長(副院長)と副室長(医療安全管理者)がいます。室員は医療安全管理委員会委員の中から室長の任命により選出されたメンバーです。


医療安全管理室の活動

インデント・アクシデントの収集・分析・対策

院内で発生したインデント・アクシデント事例は、すべて医療安全管理室に報告することになっています。報告のあった事例は、院内での事例の共有を図るため、毎週1回全部署参加のミーティングで報告しています。医療安全管理室では、このミーティングとは別に毎週1回会議をもち、対策を検討し再発防止につとめています。

※インデント・アクシデントとは? 【インデント】日常の診療現場で、ヒヤリとした、ハッとした事例
【アクシデント】診療の結果、診療の過失の有無に関わらず、事前の予測に反して生じた事例

医療安全管理マニュアルの見直しとラウンドの実施

マニュアルは定期的に見直しを行い、職員に周知するよう努めています。
マニュアルで定めたルールが遵守されているか、医療安全管理委員会のメンバーと院内ラウンドを定期的に実施し確認をしています。

医療安全研修と安全風土の医療チームの推進

職員の医療安全に対する知識と意識向上のため、定期的な研修会を開催しています。研修会で学んだ事を各部署で活用できるようにし、スタッフの安全意識向上に努めています。

TOP