栄養サポートチーム(NST)

  1. HOME
  2. 診療科・各種部門
  3. 栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチームNSTの経緯

NSTチームは、1968年アメリカにおいて中心静脈栄養法が開発され全米に普及しました。
同時期に、医師・薬剤師・看護師などの栄養管理を専門とするメディカル・スタッフが各施設で求められるようになり(栄養管理チームの構築)、中心静脈栄養法の普及と相まってヨーロッパ諸国に広まり世界に広まりました。

日本では鈴鹿中央病院に1998年から設置され、信州医療センターは2004年から栄養障害の状態にある患者さんや栄養障害の状態になることが見込まれる患者さんに対し、生活の質の向上、現疾患の治癒の促進及び感染症等の合併症予防を目的として活動しています。

栄養療法の必要性とチームによって得られる効果

栄養療法の必要性とチームによって得られる効果

その他

TOP