形成外科

主な対象疾患

外傷(けが)・皮膚潰瘍・きずあと

  • 顔のけが、顔面骨の骨折(鼻骨、頬骨、眼窩、上顎、下顎など)
  • 手足のけが、手指の神経・動脈・腱の断裂、手指の骨折、切断指
  • やけど(軟膏治療、手術治療)、化学熱傷、電撃症、凍傷
  • 傷の化膿・炎症や腫れ、異物
  • 皮膚潰瘍、褥瘡(床ずれ)、治りにくい傷
  • 瘢痕拘縮(きずあと・つれ)

皮膚・皮下・軟部腫瘍

  • ほくろ、あざ、粉瘤(あかやあぶらのしこり)、脂肪腫、神経腫など腫瘤・腫瘍全般

先天異常

  • 手足(多指症、合指症など)
  • 眼瞼(先天性眼瞼下垂症、睫毛内反症など)
  • 耳(小耳症、折れ耳、立ち耳などの耳介変形)
  • 唇・鼻(唇顎口蓋裂、巨口症など)
  • 漏斗胸
  • 臍(いわゆる出べそなど)

再建

  • 乳癌切除後の乳房再建(一期、二期)
  • 腫瘍や外傷による顔面神経麻痺の再建
  • 外傷後や悪性腫瘍切除後の機能再建

その他

  • 腱膜性眼瞼下垂症(加齢などによるまぶたの下垂)
  • 鼻涙管閉塞症
  • 睫毛内反・外反症
  • 腋臭症(わきが)
  • 陥入爪(巻き爪)など

特色

形成外科は体表面の外科です。先天的なものや、腫瘍切除やけがなどによる後天的なものなど、さまざまな原因で生じた体表面の変形を扱います。
上に記載した対象疾患はほとんど保険診療で治療可能です(乳房再建の一部に保険でできない分野がありますがご相談ください)。
先天異常で小児の成長に合わせて段階的な治療が必要な場合などは、大学病院の専門医とも連携をとりながら長期的な視点から治療を行います。
どこを受診すればわからないとき、迷うときなども、遠慮なくご相談下さい。

スタッフ

非常勤 信州大学医学部付属病院医師 高清水 一慶 (たかしみず いっけい)

専門等
形成外科一般
所属学会
日本形成外科学会、日本再生医療学会
認定医等
日本形成外科学会形成外科専門医、JATEC

非常勤 信州大学医学部付属病院医師 一之瀬 優子 (いちのせ ゆうこ)

専門等
形成外科一般
所属学会
日本形成外科学会、日本皮膚科学会、日本頭蓋顎顔面外科学会
TOP