沿革

昭和23年6月1日 日本医療団の解散に伴い県に移管され県立須坂病院となる。
内科・外科で診療を開始(20床)。
昭和34年4月 耳鼻科、眼科、小児科の診療開始。
昭和34年9月7日 付属高等看護学校開校。
昭和35年3月31日 第2病棟(旧西病棟54床)完成、一般110床、結核50床となる。
看護職員宿舎(36名収容)完成。
昭和44年3月31日 鉄筋コンクリート地下1階、地上5階、管理棟、診療棟及び病棟完成160床となる。
昭和52年4月1日 結核病棟10床を減、一般150床となる。
昭和58年3月31日 東棟病室、外来診療室、手術室、内視鏡センター、薬局、厨房など増改築工事完成、全館空調(但し外来は冷房)施設完了し、一般病床264床となる。
昭和58年4月1日 内科、小児科、外科、整形外科、放射線科、精神科のほか耳鼻咽喉科、泌尿器科の診療を開始する。
人工透析を開始する。
平成元年7月 皮膚科診療(週2回)を開始する。
平成7年1月26日 エイズ治療の拠点病院に選定される。
平成13年4月1日 脳神経外科を新設。
平成14年3月13日 新棟(南棟)完成。(6病棟  一般病床300床、感染症病床2床)
平成14年5月7日 新棟(南棟)での外来診療開始。
第二種感染症指定医療機関に指定される。(2床)
平成14年12月1日 循環器科を標榜する。
平成15年2月7日 北棟(旧西棟)改修工事が竣工。(結核病棟24床、人間ドック 10床)
平成15年3月10日 北棟で透析(23ベッド)、リハビリテーション(理学療法)診療を開始する。
平成15年3月28日 結核病棟(北6階病棟)患者受入を開始する。
平成15年4月1日 リハビリテーション科で作業療法を開始する。
平成15年4月17日 健康管理センター(南棟)で検診者受入開始する。
平成15年10月1日 形成外科を標榜する。
平成15年11月13日 女性専用外来の診察を開始する。
平成16年1月22日 SARS対応の外来診察室を新設する。
平成16年4月15日 旧東棟を解体し、駐車場(第一駐車場)を整備する。
平成16年5月1日 血管外科の診察を開始する。
平成16年6月1日 給食業務の外部委託を開始する。
駐車場の有料化を実施。
平成16年7月5日 総合診療部を設け、診察を開始する。
平成17年1月24日 日本医療機能評価機構の定める認定を受ける。
平成17年3月1日 亜急性期病床の指定を行う。
平成17年9月16日 長野保健所須坂支所が須坂病院内に移転する。
平成17年10月14日 海外渡航者外来の診察を開始する。
平成18年6月1日 感染症内科の診察を開始する。
平成18年7月1日 禁煙外来の診察を開始する。
平成18年9月30日 健康管理センター南棟3階に完成となる。(10月北棟から移転・健診開始)
平成18年12月22日 感染症病棟竣工。(北棟5階)
平成19年1月4日 第一種感染症指定医療機関に指定される。(2床)
平成19年3月27日 在宅診療部が移転となる。(長野保健所須坂支所も併せて移転)
平成19年7月2日 呼吸器外科の診察を開始する。
平成19年7月25日 エイズ治療の中核拠点病院に選定される。
平成20年4月1日 分べんを休止する。
平成21年3月15日 分べんを再開する。
平成21年3月31日 長野保健所須坂支所が廃止(本所に統合)される。
平成21年4月1日 呼吸器内科、消化器内科を標榜する。
平成22年2月5日 日本医療機能評価機構の定める認定の更新を受ける。
平成22年4月1日 地方独立行政法人長野県立病院機構長野県立須坂病院となる。
内視鏡センターを開設する。
平成22年10月4日 夕暮れ総合診療を開始する。
平成22年10月10日 日曜眼科救急診療を開始する。
平成22年10月12日 第2駐車場増設供用を開始する。
平成23年4月4日 ピロリ菌専門外来の診療を開始する。
平成23年5月1日 電子カルテを導入する。肝臓外来の診療を開始する。
平成23年12月1日 7体1入院基本料を取得する。
平成24年4月1日 院内保育所「カンガルーのぽっけ」を開所する。
平成24年11月1日 航空身体検査外来の診察を開始する。
平成25年6月10日 非結核性抗酸菌症専門外来の診察を開始する。
平成26年8月1日 地域包括ケア病棟を開設する。
平成26年10月14日 歯科口腔外科の診察を開始する。
平成27年1月24日 日本医療機能評価機構の定める認定の更新を受ける。
平成27年9月26日 健康管理センターが日本人間ドック学会の定める認定の更新を受ける。
平成28年8月31日 分べんを休止する。
平成28年10月1日 看護体制10:1を南3階、5階病棟に導入。
平成29年6月1日 分べんを再開。
平成29年7月1日 病院名を長野県立信州医療センターへ改称。
新棟(東棟)が完成。(地域医療福祉連携室、外来化学療法室、内視鏡センター、健康管理センターを移設拡充。)
TOP